アニサマ2017、ありがとうございました! #anisama


こんにちは。佐藤です。

アニメロサマーライブ2017 -THE CARD-、2日目、出演させていただきました。
今年でfhánaは4回目の出演なのですが、毎回素晴らしいアーティストの皆さまと同じステージに立たせていただけて本当に光栄です。

1日目は、、、なんとSOS団が登場し、あの3人が揃って、「ハレ晴レユカイ」を歌って踊るという、涙なくしては見れないサプライズもあったりと、
(詳細はこちらの平野綾さんのブログをどうぞ… https://ameblo.jp/hirano–aya/entry-12304874711.html
fhánaが出演する2日目も頑張って盛り上げなければ…!と謎にプレッシャーを感じていました。

結果、fhánaのステージもお客さんに喜んでもらえたと思うし、他のアーティストの方々のステージも本当に素晴らしく、大盛り上がりの2日目だったと思います。

ライブそのものは、今までで一番落ち着いて演奏できたような気もしています。
1年目は初のアニサマだけにさすがに緊張、
2年目はZAQさんとのコラボもあり緊張、
3年目はLiaさんとのコラボ、さらに僕はエヴァの「甘き死よ来たれ」もあって大緊張、、、
と来て、4年目の今回は純粋にfhánaの曲に集中した感じだったと思います。

そしてとくに「青空のラプソディ」。
曲が始まる前に、寸劇からのtowanaの衣装替えというかメイドチェンジ。
ピュアリーモンスターの皆さんがメイドになり、さらにアニサマダンサーの皆さんも一緒にダンス。
漫画家・イラストレーターのオーサさんにリアルタイムでステージ上にあった黒板にイラストを描いていただき、
最後は、スフィアとi☆Risの皆さんも乱入して、fhánaメンバーも職場放棄して全員前に出てきてダンスするという、超豪華なステージとなりました。

実は、「青空のラプソディ」の歌詞の中にある、「ブギーなリズムではしゃぐアリーナ」のアリーナは、まさにアニサマでの、さいたまスーパーアリーナを想定して書いてもらった歌詞だったのでした。
これだけ豪華でしかも楽曲の世界観に合ったステージが出来て、本当に感謝しています。
そしてアニサマだからこそ出来る特別なステージになったと思います。


今回のアニサマのテーマは「THE CARD」ということでしたが、
ただたんに最強のカード(出演アーティスト)を集めれば良いイベントになるわけではないと思います。

カードの並べ方、カードを繰り出す順番、カードのセレクト、そして何より何故そのカードなのか?という必然性。
すべてのプロセスが奇跡的に、針の穴を通すように意味を持って繋がった、ミュージカルのように展開する感動的なステージ。
アニサマは普通のイベントではなく、3日間を通した大きな物語になっていると思います。
そんな物語の登場人物になれたことを誇りに思います。

この巨大な物語を支えている、沢山のスタッフの皆さま、
最高の演奏でステージを支えてくれているアニサマバンドの皆さま、
いつもキレッキレなダンサーの皆さま、
そして見に来てくれたお客さんの皆さま、
本当にどうもありがとうございました!



ゲネのときの一コマ。




ライブ本番。


「青空のラプソディ」でメンバー全員、職場放棄(笑)して踊っている様子。


本番終了直後。今回、衣装もすごく良いものになったと思います。


メイドになってくれたピュアリーモンスターの皆さまと、漫画家・イラストレーターのオーサ・イェークストロムさん、そしてオーサさんがライブ中にリアルタイムで描いてくれたイラスト。


i☆Risの皆さま。


angelaさんと。どうやら、この日の出演者で純粋な専業アーティストはangelaさんとfhánaの二組だけだったようで…専業アーティスト頑張ろう!という話をしていました…笑


いつもインタビューでお世話になっている清水さん。


そして!我らがアニサマ齋藤P。


ふぁなみりーの皆さま、フラスタありがとうございます!

2017/08/29 佐藤純一