“私たちは違う船でやってきた。しかし今は同じボートに乗っている”「青空のラプソディ」発売に寄せて

こんにちは。佐藤です。
fhána 10thシングル「青空のラプソディ」(TVアニメ「小林さんちのメイドラゴン」OP主題歌)が1月25日に発売されました。
c/wはアーティスト盤はyuxukiくん作曲の「現在地」、アニメ盤はケビンくん作曲の「Forest Map」を収録。

お陰様で、オリコンシングルデイリーランキングでも、26位→23位→18位→29位→18位と好調に推移しています。
配信でも、moraさんで総合1位、e-onkyoさんでもハイレゾランキングで1〜4位を独占、iTunes Storeでも総合で13位付近を、アニメランキングでは2位をキープしているとのことです。

リリイベや取材を組んでいただいたり、良いタイミングでMVを公開していただいたりと、本当にありがたいです。

今回、小沢健二のアルバム「LIFE」のときのような、ゴージャスで甘くロマンチックなディスコソウルミュージックを目指して作ったのですが、何より、MVでのダンス。僕は空覚えで怪しいですが…汗、とわなっちが引っ張ってくれました。


fhánaは実際にメイド喫茶で、結成されました。

2011年に僕と、yuxukiくんとケビンくんでメイリッシュというメイド喫茶に行って、そこで「一緒にバンドをやろう」と持ちかけ、fhánaの構想を説明したのでした。(yuxukiくんが持ってきた、だんご大家族のオルゴールを回しながら…)
その後、yuxukiくんと旧知の仲で、ゲストボーカルに誘ったtowanaが正式に加入して、今にいたります。
その結成の物語を、今回のMVで再現しよう!というのは純之介さんのアイデアでした。

「小林さんちのメイドラゴン」は、ドタバタしたコメディだけでなく、ハートフルな部分や、綺麗事では割り切れない深いテーマも内包した作品です。
ドラゴンであるトールが小林さんと一緒に生活するために、人間社会に適応しようとして、文化の違いから衝突したり葛藤したりしつつ、それでも何とか乗り越えようと模索します。
さらに小林さんの周りには、他のドラゴンやドラゴンだけでなく人間たちも集まってきます。
それぞれが一人きりで生きてきて、寂しさや孤独を抱えている。
そんな孤独な者たちが寄り集まって、コミュニティを作っていく。
衝突もあるし綺麗事ばかりではないけど、それでもそのコミュニティを守っていこうとする。

「青空のラプソディ」はfhána初(?)のダンスチューン。
ダンスミュージックには「共感」の思想が流れていると思う。

トランプ新大統領が、移民や難民の入国を禁止する大統領令を発行したことに対して、Appleのティム・クックCEOが従業員に向けてこんなメッセージを発信しました。

「私たちは違う船でやってきた。しかし今は同じボートに乗っている」

マーティン・ルーサー・キング博士の言葉を借りたとのこと。
メイドラゴンの登場人物たちも、そしてfhánaメンバーも、ふぁなみりー(ファンの皆さま)も、fhánaに携わってくれている全ての皆さまも、そうなのだと思う。

ぼくたちは、今は同じボートに乗っている。


長くなりましたが今後とも宜しくお願いたします! (佐藤純一/fhána)

 2017 1/28、リスアニ!ライブ2017本番終了後の楽屋にて。

2017 1/28、リスアニ!ライブ2017本番終了後の楽屋にて。



リスアニ!ライブ2017 at日本武道館

リスアニ!ライブ2017 at日本武道館



2017 1/26 リリイベ後 at HMV渋谷店

2017 1/26 リリイベ後 at HMV渋谷店



2017 1/26 リリイベ at HMV渋谷店

2017 1/26 リリイベ at HMV渋谷店








2017/01/30 佐藤純一