lisani_live_2017

2017年1月27日(金),28日(土),29日(日)、
日本武道館にて3日間にわたって開催される「リスアニ!LIVE 2017」の
2日目となる28日(土)“SATURDAY STAGE”への出演が決定しました!

同ライブは、アニメ音楽誌「リスアニ!」が2010年よりプロデュースする音楽フェス。
初の3DAYS開催となる今回も“日本武道館”に3日間で全16組のアーティストが集まり熱く音楽を届けます。

詳細と9月18日(日)0:00から始まる「チケット最速先行予約」へのアクセスはコチラ。

●リスアニ!WEB
http://www.lisani.jp/

●リスアニ!LIVE 2017
http://www.lisani.jp/live/



【開催概要】
■タイトル
リスアニ!LIVE 2017

■公演日
2017年1月27日(金),28日(土),29日(日)

■出演者(※五十音順)
1月27日(金) 【CROSS STAGE】
Kalafina/LiSA

1月28日(土) 【SATURDAY STAGE】
綾野ましろ/GARNiDELiA/岸田教団&THE明星ロケッツ/スフィア/fhána/水瀬いのり/三森すずこ

1月29日(日) 【SUNDAY STAGE】
黒崎真音/田所あずさ/CHiCO with HoneyWorks/TrySail/南條愛乃/春奈るな/FLOW

■会場
日本武道館

■時間
27日(金)開場:17:30 開演:18:30(予定)
28日(土)開場:15:00 開演:16:00(予定)
29日(日)開場:14:00 開演:15:00(予定)

■チケット
27日(金)7,000円(税抜)/¥7,560(税込)全席指定
28日(土)・29日(日)各日¥7,400(税抜)/¥7,992(税込)全席指定

■チケット最速先行予約受付期間
9月18日(日)0:00〜10月2日(日)23:59

2016/09/17 staff

%e3%82%a2%e3%83%8b%e3%82%b5%e3%83%9e

なんだかお久しぶりな気がします。佐藤です。

最近、僕にしてはTwitterもあまりできていない…。
思えば、「calling」リリース後からノンストップでした。

callingプロモーション〜
アニサマリハ〜本番
みみめめMIMIさん2曲編曲&レコーディング&ミックス(名曲です)
yuxukiくんはアイマス曲提供(これも名曲です)
fhánaとしてもまだ情報解禁できない案件の楽曲制作〜レコーディング(カッコいいです)
他も提供楽曲などの制作(良い曲になりそう…)

さらに新たな個人スタジオというかアトリエの環境構築(とても楽しい)……

というような日々を送っているのですが、
とうとう9月も後半。だいぶ涼しくなってきて、本当に夏の終わりを感じております。(遅い)

先日放送された ふぁならじで、アニサマ2016の話しをさせていただきました。

改て、アニサマのことを書こうと思います。


3度目のアニサマは、「虹を編めたら」「calling」と、
fhána結成のきっかけにもなった作品、「CLANNAD」(〜After Story〜)のOP主題歌「時を刻む唄」をLiaさんとコラボで演奏させていただきました。

それだけでなく、高垣彩陽さんと早見沙織さんとのコラボで、
僕自身の人生に絶大な影響を与えた旧劇場版エヴァンゲリオン「Air/まごころを君に」の挿入歌「Komm, süsser Tod〜甘き死よ、来たれ」のピアノを演奏させていただきました。

アニサマのような大きなステージで、しかも思い入れのある楽曲をコラボで演奏させていただくことになり、
とてもありがたいと同時に、3度のアニサマ出演の中で、もっとも緊張しました…。

CLANNADについても、エヴァについても、
インタビューやライブMCで、そして普段から、しょっちゅう語っていました。それが伝わったんだなと。
本当に、貴重な経験をさせていただきありがとうございます。

アニサマの大きな魅力の1つは、出演者と運営陣、そしてお客さんが一丸となって作り上げる一体感だと思っています。

齋藤Pさん始め、アニサマを作っている方々は、とんでもない情熱を持っています。
その熱に当てられて、出演者の僕たちも、ただ良いパフォーマンスをするだけでなく、
歴史を作ってやろう、みたいな想いを持って取り組んでいます。

そして考え抜かれた演出。一曲一曲の演出だけでなく、全体の流れが本当に研ぎ澄まされています。
ただたんに盛り上げるだけでなく、その年のテーマやメッセージが、
アニサマの3日間全体を通して表現されていて、
本当の意味での総合芸術であり、アニサマ自体が作品なんじゃないかと思います。

そのテーマも、昨年は「THE GATE」、
今年は「刻-TOKI-」と、とても重みがあると同時に、
「今、このテーマじゃなきゃいけない」という必然性と、同時代性を感じます。

そして“GATE”は、fhánaの曲の中でも、「虹を編めたら」や、「relief」に繋がりました。
“刻”は、「calling」に繋がっています。

“今”は過去の選択の結果であり、未来の原因でもあります。
今年のアニサマでも、未来のfhánaや自分自身にとって、とても重要な“今”が刻まれました。

これからもアニサマとともに.そして皆んなで一緒に、時を刻み続けて行けたら嬉しいです。
本当にありがとうございました!



yuxuki wagaさん(@yuxuki)が投稿した写真



fullsizerender-4

fullsizerender-2

2016/09/16 佐藤純一

8/25配布のフリーマガジン「bounce」の最新号(394号)より、
fhánaによる連載コーナー「fhanaのわんだふるレコメン紀行」の掲載が開始!
どうぞお見逃しなく!

●フリーマガジン「bounce」公式サイト
http://tower.jp/mag/bounce

2016/08/26 staff

lisani_mg-26-001
エムオン・エンタテインメントより、8/9に発刊された雑誌「リスアニ!」の最新号(Vol.26)にて、
『テイルズ オブ ゼスティリア クロス』特集ページに、fhánaのインタビュー掲載されております!

●「リスアニ!」公式サイト
http://www.lisani.jp/

2016/08/09 staff

カルチャーニュースサイト「CINRA(シンラ)」にて、fhánaのインタビューが掲載されました!
是非チェックしてみてくださいませ!


◎暴かれたネットの理想と現実。細分化された個を繋ぐfhánaの挑戦
http://www.cinra.net/interview/201608-fhana

2016/08/08 staff

音源配信/音楽情報発信サイト「OTOTOY」にて、fhánaの最新ンタビュー掲載中!


◎「テイルズ」ED収録、fhánaの9thハイレゾ配信! 使命を抱えたシーンの”異端者”に今作に至る旅の過程を訊く
http://ototoy.jp/feature/20160804

2016/08/07 staff

音楽・アーティスト情報とレビューの総合サイト「Real Sound」にて、fhánaの最新インタビュー掲載中!


◎fhánaが明かす、成長と拡大への決意「掴み取った世界線を肯定する旅は続く」
http://realsound.jp/2016/08/post-8644.html

2016/08/06 staff

邦楽、洋楽オルタナティブロック、インディロックを中心としたポータルサイト「Skream!」にて、
fhánaのロングインタビューが掲載されております!

また、8/1(月)より配布されている同名のフリーペーパーではショートverも掲載!
どうぞお見逃しなく!

◎音楽を作り続け、ライヴで演奏し続けていくfhánaの使命
http://skream.jp/interview/2016/07/fhana.php

2016/07/29 staff

bounce201608_MAXWELL bounce201608_WhiteAsh bounce201608_ROCKINDISNEY

7/25配布のフリーマガジン「bounce」の最新号(393号)にてインタビュー掲載!
「INTERVIEW FEATURE」というコーナーに登場しております!


●フリーマガジン「bounce」公式サイト
http://tower.jp/mag/bounce

2016/07/25 staff

H119_resize_image
本日7/25(月)発売の雑誌「H(119号)」にて、インタビュー掲載!写真も撮り下ろしです!

●「H(119号)」(ロッキング・オン)
http://ro69.jp/product/magazine/detail/146001

2016/07/25 staff

1 2 3 36