About

2011年、佐藤純一を中心に、yuxuki waga(ユウキ ワガ)、kevin mitsunaga(ケビン ミツナガ)という3名のサウンド・プロデューサーにて結成。2012年秋、ボーカリストのtowana(トワナ)が加入。

“FLEET”としてYouTubeやニコニコ動画が登場する以前からインターネットを拠点に楽曲を発表し、2006年にメジャーデビュー後も独自のスタンスで活動を続けていた 佐藤純一(サトウ ジュンイチ)を中心に、ニコニコ動画でVOCALOIDをメインボーカルに据えて楽曲を発表していたyuxuki waga(ユウキ ワガ)、 ネットレーベルシーンでエレクトロニカユニットとして活動していた kevin mitsunaga(ケビン ミツナガ)という、「インターネット3世代」に よって 2011年6月にメイド喫茶にて結成。
2012年秋には、ゲスト・ボーカルの1人だった towana(トワナ)が正式メンバーとして加入し、現在の4人体制が完成した。

様々なポップミュージックのフォーマットを取り込んだ新鮮かつ豊かで「泣ける」音楽性と、ボーイ・ソプラノのようなニュートラルで清涼感溢れるtowanaのボーカル、時代性と物語性を帯びた歌詞やコンセプト。結成間もないfhánaは、SNSを中心に瞬く間に話題を呼んだ。

2013年8月に、TVアニメ『有頂天家族』ED主題歌「ケセラセラ」でメジャーデビュー。翌年には、iTunesによりブレイク確実の新人として『NEW ARTISTS 2014』の1組に選出されたほか、1stアルバム「Outside of Melancholy」はオリコンウィークリー8位を記録。 本作に至るまで16作品ものアニメで主題歌の担当を果たし、作品の世界観に寄り添いながらも豊かな音楽性を提示し続けている。また、10thシングル「⻘空のラプソディ」(TVアニメ『小林さんちのメイドラゴン』OP主題歌)のMVは、YouTubeにて再生回数4,500万回を突破(2022年4月現在)。さらに最新シングル「愛のシュプリーム!」(TVアニメ『小林さんちのメイドラゴンS』OP主題歌)は発売されるやいなや各界から絶賛され、MVの再生回数も早くも1200万回再生を突破し、様々なアワードも受賞した。尚、Youtubeのオフィシャルチャンネルの総再生数は1.5億回を超えている。

バンド活動以外にも、各メンバーは他アーティストへの楽曲提供、プロデュース・ワーク、執筆活動など多岐に渡って活動の幅を広げている。 リーダー佐藤は平成アニソン大賞作曲賞など作家として様々なアワードを受賞。

日本国内だけでなく海外でのライブも積極的に行っており、海外のファンも多い。また2020年夏よりオンラインライブも定期的に開催。アニソン界を軸としながらも、ROCK IN JAPAN FESTIVALやCOUNTDOWN JAPANへの出演を続けるなど、ジャンルの壁や国境を越え、軽やかなスタンスで音楽への挑戦を続けている。

fhána is a 4-member Japanese pop band consisting of Junichi Sato (composition, keyboards, vocals, leader) kevin mitsunaga (composition, sampler, metallophone), yuxuki waga (composition, guitar) and towana (Vocals, Lyrics). With numerous hit singles from anime theme series, fhána has created a strong following both internally and internationally.

The group made their major debut in August 2013 with “Que Sera Sera”, which was the ending song for the anime “Uchoten Kazoku (The Eccectric Family)“. The year after, fhána was elected for “iTunes NEW ARTISTS 2014″, in the brightest newcomer category, and released their first album “Outside of Melancholy” which charted at No 8 in the National charts.

They have released 16 animation theme tracks, notably “Aozora no Rhapsody” (released January 2017), the theme track for “Miss Kobayashi’s Dragon Maid”, which received more than 44 million views on YouTube. Their most recent theme track was “Aino Supreme”, released on July 14 2021, which was the opening theme for anime “Miss Kobayashi’s Dragon Maid S”.

The band has been actively performing live not only in Japan but also overseas, participating in various festivals such as the world-famous 「Animelo Summer Live」(largest anime song festival) which Sato, the leader of the band had also created the theme song for. They have participated in International festivals in Shanghai, Singapore, Manila, Montreal, Chicago, Hong Kong, Jakarta, Taiwan, Kuala Lumpur, etc.

In addition to their band activities, each member is involved in a wide variety of other activities, including providing music to other artists, producing, DJing, and writing. While the band have many anison related singles, they also have performed at Rock festivals as well, transcending genre barriers and national borders.

fhána is now gearing up for their 4th album release, slated for April 27 available worldwide. The long-awaited 4th album of fhána is titled “Cipher,” a song created in 2010 on the eve of the band’s formation, and is an epic work of approx. 75 minutes with two chapters, Act 1 and Act 2.

twitter
・佐藤純一 @jsato_FLEET
・yuxuki waga @yuxuki
・kevin mitsunaga @kevin327g
・towana @_towana
公式Twitterアカウント
@fhana_info
Facebook
http://www.facebook.com/fhanamusic